ドールを通してお客様の生活をより豊かなものとし、健康と幸せな生活を送っていただけるよう貢献してゆく。
WM Dolls 158cm D-cup #153

WM Dolls 158cm D-cup #153 商品番号: 925294

¥ 129800
骨格オプション(5000円)
ノーマルフレーム 新骨格タイプ(+¥ 5000)
フットオプション(5000円)
ノーマル 自立加工付き(+¥ 5000)
陰毛オプション(5000円)
ノーマル 陰毛付き(+¥ 5000)
音声オプション(5000円
ノーマル 音声加工付き(+¥ 5000)
温度オプション(15000円)
ノーマル 温度加工付き(+¥ 15000)
個数
  • ※注文決済後から13日前後でお届けできます。
  • ※技術的な未解決として、新骨格タイプの場合、温度加工が不可です。どちらを優先してください。
商品情報
製品名 WM Dolls 158cm D-cup #153
商品番号 925294
重さ 30.0000 kg = 66.1387 lb = 1058.2189 oz
カテゴリー 製造元 > WM Dolls
ブランド WM Dolls
作成時間 2018-07-12

詳細

2018-12-02

マオ

いやぁ・・・迷いました。本当に迷いましたよ。
このドールに決めるまでに3週間は費やしたと思います。

今回欲しかったドールは「華奢で色白の美少女」「なんでも着こなせる身長と体格」「JK1っぽさ」といった要素を併せ持ったものなのですが、これがまた候補探しに難航してしまいました。
というのも、前回購入した120cmサイズのロリドールとは異なり、140cm~170cmサイズのドールは本当に千差万別、あらゆる性癖を満たすため様々なラインナップが存在する訳です。
ひとまずは希望の「JK1っぽい」ドールを探すため要素を絞り、JK1の平均身長に極めて近い156cm、JK1の平均的なスリーサイズ(特に重要なのは自然なウエスト)、そしてJK1に最も多いBカップ。かつ価格とクオリティのバランスを考慮した結果、今回の『WM doll 156cm(Bカップ)ホワイト肌』に決定しました。

大当たりです!まさに「JK1」といった感じのドールを手に入れることができました。華奢で少し幼さを残した身体付きでありながらも、胸や尻は立派に実っており、太ももの厚さにしても男性を十分に欲情させるいやらしさを備えています。
そして何より健康的なウエスト!安物や作りの雑なドールは不自然にウエストが細い所謂「ワンピース体系」であることが多いのですが、こちらは全くそんなことはなく非常に美しく自然なウエストライン。

期待していた着せ替えに対するポテンシャルはどうか?こちらも期待通りです。とある某人気キャラクターを再現するため通販で購入した日本製の学生向けブランド(レディースSサイズ)ばっちり着こなせます。

そして・・・ラブドールといえばエッチの具合ですよね。こちらも最高でした。
身長の具合が良く、エッチの際にちょうど頭が鼻先に来るため、女の子のリンスの香りがする髪の匂いを嗅いだり、キスしたりしながら腰を振ることができるんですよ!これがたまらないんです。
胸は鷲掴みにした際、ちょうど手のひらに収まって揉みしだくことができるベストサイズ。中空タイプにしたので揉み心地も超リアルです。
尻とふとももはムッチリしていて、腰の高さもばっちり。レビュー写真のように立たせた状態で、後ろから抱きついて胸を揉みながら思いっきり腰を叩きつけることができます!

最高に幸せな気分で背後からむっちりした色白の桃尻にぎゅーっと腰を押し付けて、彼女の膣内にびゅーびゅーと発射。抜いた時、彼女の膣からぼたぼたと零れ落ちる白濁液がなんとも言えない満足感を与えてくれました。昔からのアレな願望をあっという間に叶えてくれましたね・・・。

そんな訳で、色々なラブドールが存在しますが、私と同じく「JK1」な美少女がどストライクゾーンという業の深い性癖の方はこの「WM doll 156cm(Bカップ)」を購入すれば問題ないのではないかなと思います。非常にリアリティのある小柄な女の子の標準的な身体ですので着せ替えもたくさん楽しめますよ。

いちおう少しだけ気になった欠点も2つ上げておきますと・・・。
1つ目に、華奢な体格なため肩幅が狭いこと。つまり、カッコいい男性的な衣装はまず似合いません。
2つ目に、重量29kgは重い!30kgを超えると成人男性でも手に余るとよく言われていますが、これはそのギリギリのライン。
まあこのぐらいですかね、他が良すぎて正直欠点も帳消しです。

最後に。今回私の数々のワガママを聞いてそのすべてを聞いて実行していただいたKUMA storeさん、本当にありがとうございました。
難しいリクエストにも親切丁寧、かつ真摯に対応してくれるその心意気。日本語対応に、日本国内での検品。まさに神storeです。ここから買えばまず間違いありません、マジで。

製品も、対応も、最高でしたね。まったく同じものをリピしようかとすら考えています。
いやー、満足です。まさに傑作。これから毎日愛させていただきます!

◼︎12月4日追記

ちなみにこの画像の女の子のカスタマイズ内容は、ヘッドが153番。こちらはサンプル画像には掲載されていないものですので、KUMA storeさんに問い合わせてみてください。

他のヘッドを選ぶ場合は注意が必要です。
というのもWM dollのヘッドにはナンバーによって小、中、大とサイズが分かれており、この156cmBカップボディに合うのは小サイズのヘッドに限られていると思います。この選択を誤ると、頭だけ巨大な何だかよく分からないオブジェが爆誕することに・・・。

ドールアイは別売の30mmのリアリスティックアイ(ダークブラウン及びブルー)、ウィッグはセミロング(姫カット)。
陰毛は、選択欄に記載はされていないのですが、植毛ではない貼り付けタイプというものがあるので、そちらにしてみました。

参考になれば幸いです。

2018-08-07

北の人

はじめて購入しました。無料オプションも豊富です。有料オプションで、自立加工と新骨格加工をつけました。ド-ルの仕上がりのクオリティーは、なかなかよいです。肌が、ペト付き感があるので、ベビーパウダーを塗布しました。いい感じです。若干、臭いはあります。ただ、重いです。力持ちの人でしたら、余裕だと思います。あと、購入時、KUMA Storeさんのメール対応の迅速さ、とても、とても、よかったです。送り状の荷札に『家具』と書いてあったで、その気遣いもよかったです。安心して購入出来ました。

2018-05-16

ks

(ってレビューしたら見事に弾かれたので、表現と画像を変えてみた。画像が良くなかったのかな・・・レビューの画像は着てなきゃいけないのかもしれない。なので着ているのは別途購入したものです)

時代の流れは凄いなぁ。
しかも12万ちょいとかいう驚きの安さ。
シリコンの60万や30万では踏み込めませんでしたが、この価格なら一体買っとくかレベルで買えます。

WMDoll156cmといえば、
小ぶりな胸部、細すぎないウエストが作るなだらかなくびれに、決して大きくは無い臀部。
薄っすらと浮かび上がる肋骨と、僅かに膨らんだ腹部。そして細く長い手足。そんなリアル寄りの造形です。
ですが決して平均的な体形というわけではありません。
股下約80cm
股下比率約51%の超モデル体型です。
このプロポーションは服を着せていない状態でも美しいです。
やはり肋骨の表現と、ウエスト58cmはとても重要です。
ただ重さは約30㎏です。まぁ、この身長帯では妥当かと思いますが、覚悟と筋力が必要となります。

オプションは
・ナチュラルスキン
・ブラウンアイ
・ホワイトのフィンガーネイル
・乳白色のトゥーネイル
・3㎝の丘陵の上にある円形広場
・ナチュラルカラーの円形広場と腹部からさがっていった先にある渓谷。
・中空の丘陵
・着脱式のホール
・ノーマル足裏
・#9ウィッグ
・31#ヘッド
と言った具合で発注しました。

結果として、想像していた通りの人形が届きました。が、正直、重量は舐めてました。
一人で2階まで運べるかなとか軽く考えていましたが、そう言ったレベルのものではありません。
ボディのみ運ぶとかならまだできるかもしれないですが、箱ごと運ぶとなると無理です。
30㎏に箱の重さ、また箱が縦に長いので抱えて運ぶというのが困難です。
シミレーションしていた30㎏の米袋とは訳が違いました。
こっそり一人で搬入したかったのですが、玄関までは運送屋さんと、二階までは家族と、常に二人で無ければ運べませんでした。
階段が無ければ、引き摺ったりする事もできると思いますが、一人で持ち運ぶには相当の筋力がいると思います。

20Kgだったり低身長ドールであれば取り回しがまた違うのかもしれませんが正直このクラスは
思ってたより安いから買っちゃおうみたいな半端な覚悟で購入してはいけません。
本当もう大満足なんですが、住んでいる家の状況とか良く考えた方が良いです。
この人形の為に環境を整えてあげるぐらいの必要があります。

匂いは、少し甘いケミカル臭とでもいうような匂いがします。
手首なんかには、少しだけ色が付いていますね。手の甲が青っぽいのは、中の骨格の色が透けているからだと思います。
円形広場の塗装はちょっと雑。

骨格のグリップ力は結構しっかりとした感じです。
首とか、これ動かないのかな?と思ったぐらいでしたがボルトをさして強引に押したら動きました。
動かすのには、ちょっと慣れが必要だと思います。
足には、親指以外骨格が有りませんが、指にはワイヤーのようなものが入っているみたいです。
なので動かせるんですが、骨格より先にTPE自体が伸びるため、ちょっと不安になります。
耳は人の実際の耳のように硬さがあるわけではなく、全部耳たぶのような感じです。

メイクも想定していたより丁寧で眉毛も綺麗に描かれていると思います。
お口はちょっと指で探ってみた感じ人間の口のようになっているのではなく
斜め上に向かってのホールになっているようです。
高等部には、WMDollマークの刻印が有りました。

ブリードは多少あります。一般的なホールを開けた時と似たような感じですね。
TPEはちょっとしたことで簡単に色移りしてしまうようですので、取り扱いには注意が必要です。
よほど気をつけていなければ色移りは避けられないかなと思います。手が僅かに汚れているだけでそこから色移りしてしまったりします。

中空を選んでいますが、柔らかさ的には、思っていた程ではないかなといったところです。
揉むと、あ、中空だなって分かる感じ、でもまぁ、このドールは小ぶりな胸部丘陵なので、むしろこれぐらいかなという感じもします。
胸部丘陵のサイズが違うと、また感じ方も変わるかもしれません。
単純な柔らかさだけを求めるなら、単体丘陵グッズとかの方が断然柔らかいです。
なので、柔らかさこそ正義だという方にとっては、ちょっと想像と違うかもしれません。

TPEドールは素材の柔らかさゆえかホール穴が開いているというよりは。広げられるホールポケットの奥にホールを挿入するという感じです。
なので、ホールを外したらぽっかり穴が開いているというような感じにはなりません。
ホールは取り外し式であれば、別途購入した他社製ホールでも外縁部を切り取り径を小さくすることで普通に使用できます。
ホールの好み、相性には個人差があると思いますので、一体型を選択するよりも良い点かと思います。
まず小さめのビニール袋をホールポケットに挿入し、使用したいホールもビニール袋で包み、挿入したビニール袋の中にビニール袋で包んだホールを差し込むと差し込みやすいかなと思います。片付けも引き抜くのが楽です。摩擦の関係上。
ただ、一点だけ問題がありまして、このビニール袋の方法を用いますとドールのホールポケットの仕様上。ホールポケットの入口から装着ホールの入り口までビニール袋が向きだしになってしまいます。
ビニール袋をホールポケットの奥深くへと押し込んでしまえば、ホールポケットを形成するドールのTPEと装着ホールがほぼ一体化しますが
そうした場合ホールとホールポケットの隙間から潤滑液がホールポケット内部に侵入してしまう可能性や、少なくともホールポケット入口は濡れますので、少し見た目は悪いですが、外側のビニール袋がホールポケットからはみ出させて、ホールポケット内部が汚れる事を避けるか、ある程度の汚れを覚悟して、ビニール袋を押し込むか
この辺りは片付けのしやすさと中に入れてみた時の感覚のトレードオフになるかなという感じです。

考え方としては、大きくなったホールでは無く
等身大人形にホールの装着機能が付いているものと考えた方が良い様な気がします。
まぁ、家に人形専用の寝室があってそこで常に一体型の人形を待機させておいて、その寝室はお風呂場の隣にあるとかなら大きなホールと考えてもいいような気もしますが、ちょっとしたいなとかそう言う場合には向いて無いです。
やるときは本腰入れてやる必要があります。20キロ以下だとまた違うのかもしれません。あと体格とか、筋力とか
大型ホールと大きく違う点は、等身大と言うサイズ、手足の存在と重量です。
いくら大型ホールと言えども、サイズ、重量、骨格が存在しないことによりその効果は限定的です。
柔らかい素材の固まりである点、エアドールでもそうですが、力は逃げてしまいますのでホールの固定と言う面では不十分でした。
しかし等身大ドールではその重量と骨格が、運動エネルギーをしっかりと受け止めます。
また全身があり、腰や肩、頭部を持つことでよりしっかりと固定する事ができ、骨格が稼働するのでドールが傷つかないように工夫さえすれば割といろいろなポージングで運動ができる気がします。

服とか、ウィッグとかを別途買ってあげると、また違う印象になって面白いです。
ドールアイなんかもそうですね。なので、ウィッグとドールアイの選択についてはそれほど悩まなくても後から好みで変えればいいかなと
ドールアイに関しては、初期装備のものは若干輝き(外光の反射)が鈍いような印象を受けました。
元々の出来はそれほど悪くないように思うのですが、製造過程の問題なのか、アクリルアイの表面に薄い曇りガラスのような膜が出来てしまっていたためです。
個体差もあるかもしれませんが、光源の位置によって生まれるハイライトが左右の目で異なると言ったような事もありましたので
気になる人は気になるかもしれないです。まぁ目安として24mm以上のアクリルアイであれば適合するみたいですし(ヘッドにもよるかもしれませんが)交換もそんなに難しくないです。
初期装備のアクリルアイは33mmもありましたが、別途購入した24mmに変えても不都合はありませんでした。
アクリルアイ自体の径の大きさよりもIRIS径(黒目部分の大きさ)で判断すると良いかと思います。

TPEドールは日進月歩で進化している印象を受けます。
確かに手足の指や骨格などまだ発展途上だと思える点はあります。
しかし、ついにこの価格かつAmazon経由で買える時代になりました。
どういったものかを理解し、お迎えの準備と覚悟さえしっかりしておけば、満足することができると思います。

あなたにオススメのアイテム